« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

キナコとビワコ

本日はパパがお休み。
午前中はキナコのクラブコンサートがあったので
家族みんなで聴きに行きました。
午後はアンコが部活で不在。
夕方まで戻らないので、その間に
ちょこっと琵琶湖へ遊びに行きました。

本当は水が綺麗なところへ行きたかったけど、
時間があまり無かったので
一番近いところで・・・・

Nagisatnp1
久しぶりの水遊び。
「ままー、早くあそぼー!」と弾けまくりのマルク。

Nagisatnp2
今日はキナコが初参加なので
マルクのお相手を任されました。
「キナコー、早く投げてー!」

Nagisatnp3
きちんと咥えて戻ってきましたが・・・

Nagisatnp4_1
あらら・・・?!微妙な距離をあけて
キナコの横を素通りです。
普段一緒に遊ぶことが少ないから・・・?
「ひえ~ん(泣)、マルク~~~」とキナコ。
あなたのその情けなさが原因か???

暇を見つけて、またじっくり遊べば
もっと一緒に遊べるようになると思うなー。
また行こうね。

Nagisatnp5
Nagisatnp6

走って泳いで、すっきりご機嫌のマルクでした。

| | コメント (12)

2006年7月30日 (日)

花火を見ました

ご近所の方から、
「今日は木津川の花火大会だよ」って教えてもらいました。
自宅近くの橋の上から見えます。

花火好きの私はワクワク♪
でもアンコは夏祭りにお出かけ中。
パパはビールをグビグビが大切らしい。
キナコは「花火興味ないし・・・。」
もー、全くうちの家族はつまらんのばっかり!!

いいもん! 
いつでもどこでもお供してくれるマルクがいるもん。

マルクと一緒に、橋の上に出掛けました。
1700発の花火。
規模としては大きなものじゃないかもしれないけど
それでも十分目を楽しませてくれました。
マルクはどうしてその場に居るのかわからない様子。
でも、静かに足元に伏せていてくれました。
理屈ぬきで付き合ってくれる、ありがたい存在です。

花火見物で裏のお家のおばさまにお会いしました。
「本当に静かなワンちゃんねぇ。
犬がいるお家とは思えないもの。」と言ってくださいました。
そうかも・・・、絶対 いつも子供を叱っている私の方が
うるさいと思う。(;_;)

花火がバンバン上がると、遠くで犬が吠えまくっているのが
聞こえてきました。
花火の音が怖いのだろうねー。


いつもこの花火大会を見て思うこと・・・
「来年こそはもっと近くで見よう!」
でも、毎年橋の上なんだよねー。
でも来年こそは絶対!!(笑)

Maru0730
時々花火に目をやるものの、
基本的にはボーッと伏せていたマルク。
でも3ヶ月のラブラドールパピーに会えたときは
興味津々、ルンルンでした。
付き合ってくれてありがとう、マルク♪


| | コメント (4)

2006年7月29日 (土)

今回は大成功!(マルクのおもちゃ)

先日大コケしたマルクのカミカミおもちゃ。
あれはあのままおもちゃ箱に放置されていたので
本日、母の犬ボクサー「廉」くんにプレゼントとなりました。

で、もうひとつ注文していたボーン型おもちゃが到着。
(誰?懲りないヤツって笑ってるのは・・・)
プラネットドッグのオルビィボーン
Orbeebone

そう、上に写っているボールと同じ ボーン型のおもちゃ。
クニュクニュしていて弾むので、
飛びつきも良いし、噛んでいても楽しそう。
お安くなっていたので、ひも付きボールも一緒に頼んでしまいました。
このボール、以前おとぅとに買ってもらったのですが、
よく弾み、噛んでも強い。なかなかの優れもの。
お安く買えてウッシッシ・・・。

Maru0729

同時に新しく買ったレインコートを着せられて
少々不愉快そうだったマルク。
おもちゃをもらって、ちょっとご機嫌直った?

Maru0729a
ボーンもボールも抱え込み。
「暑いから、早くコート脱がせてー」って。


| | コメント (2)

こうもりのその後

昨日のこうもり君、名前は「ぺたし」と命名。
男の子か女の子かは知らないけれど、
ま、適当に・・・。

ぺたし、まだ車庫横の箱の中に滞在中。
恐らく、いかんでしょう。

ぺたしが大人か子供か知りたくて
サイトを探してみました。
すごいですね~、こうもり育てのサイトってあるのですね~。
でも赤ちゃんこうもりはハゲハゲのゴム人形みたいでした。
ポワポワカワユイ姿は、大人とみて間違いなさそう。
であれば、病気かお歳かで元気が無いのでしょう。
可哀想ですが、このままにしておくことにしました。

昨日のコメントで、
様々な感染菌をもっているとのご指摘をいただきました。
私もそれが一番心配でした。
だから使い捨てゴム手袋で触り、
マルクにも接触させませんでした。
やはり、その判断は間違っていなかったってことで・・・。
放っておくことも、
慈悲のない冷血女の所業と思わないようにしようっと。
ぺたし、ごめんよ。そういうことで許してね。

| | コメント (0)

2006年7月28日 (金)

またも珍客ですが・・・

「今日も天気だ、頑張るぞ!」
と言う気合は、朝日を浴びた途端から萎れていきました。
今日の太陽はなに?
今年最高のギラギラ加減だと思ったのは私だけ?
直射日光にさらされた私の皮膚が
ジリジリと痛くなりました。
それでもって、全身の力が抜けて行き
午前中はグッタリ。
午後もなかなかエンジンがかかりませんでした。

こんなことをしていてはイケナイ!と
マルクのお水遊びに付き合ったり、
草抜きをしたり。
そして車を出そうと車庫へ行くと・・・
足元にペタっとしたものが落ちていました。

「なに?」  近づいてよーく見ると
「こうもりじゃん!!」

勘弁してよ~~~
スズメの次はこうもり~~~?

Koumori
小さいです。全長4cmくらい。
右側が頭です。
冷やしてあげようと思って地面に水を撒きました。
そしたら、水をぺろぺろ飲んでいました。
ぽわぽわと毛が生えた頭と小さな目、
水をのんで覗く小さな舌がかわいらしい。

でもね、こうもりってどうやって育てるの?
悪いけど、このこうもりと同じくらいグッタリしたい私は
スズメの時のような頑張りが出てきません。
それは鳥飼育の経験はあっても、
こうもりは未知の生物だからかもしれません。

車庫の前を這って動かれては危ないので
小さな箱に入れて、とりあえず車庫の奥へ。
少しは涼しいはず。
夕方になって、車庫の横に置きました。

で、あとで知人に聞くと、
こうもりは人が思っている以上に小さい生物らしいです。
だから私が見つけたのも、子供じゃないかも・・・。

今日の夜のうちに元気を取り戻して
明日の朝には居なくなっていますように・・・・。

Maru0728

真っ黒同士で、こうもりとは仲良く出来そうなんだけど、
ママはボクに見せてくれなかったよ~。


| | コメント (8)

2006年7月27日 (木)

梅雨明け間近?

本日は気持ちの良い晴れっぷり。
マルクは気持ちの良いバテっぷり。(?)

日中はエアコンの効いた部屋でゴロゴロ。
時々、庭に出る~と言いますので
出してみますと、
庭のプラ舟にドボ~ンと浸かる。

Gomamark_1

普段、自分から庭に出る、と言うことが滅多にないマルク。
よほどプラ舟が恋しいのね。

暑い時にはスイカ。
“スイカフレーバー”は魅力無かったみたいだけど
実物は嬉しいらしい。
夕食後のデザートに・・・

Suika

マルクにとっては、お初のスイカです。
シャクシャク・・・気に入ったみたい。

ふと外で声がすると思って見たら、
お友達のマロンちゃんがお散歩の途中に寄ってくれました。
マロンちゃん、今日が2歳のお誕生日。
おめでとうね!これからも元気で~。
2sai_maron

| | コメント (10)

2006年7月26日 (水)

交通安全指導員?!

夕方、初めての道をナビを頼りに走っていました。
ナビが変形の四つ角で「右折」と指示。
考え事をしながら走っていて到達した 不思議な形の四つ角。
「ここ、どうなってるん?」と思いながら
ズルズル前進してしまいました。

ふと気付くと右側から一台車が来ていました。
止まってやり過ごしたものの、
相手の方をエライ驚かせてしまったようです。
その車、くるりと向きを換え私のほうに走ってきます。
で、私の車の前に入り、「止まれ!」って。

お兄さんがわめきながら車を降りてきます。
あれこれ言われちゃいました。
ぶつかる程危機的な状況ではなかったと思うけど
その車に気付くのが遅かったのは事実です。
考え事してたし、見知らぬ道路でオタオタしていたのも事実。
ドライバーとして不適切な運転でした。

「ごめんなさい。」って謝りました。

ブツブツ言いながらお兄さんは自分の車に戻っていきました。
普通、そういう出来事の後っていや~な気持ちになるものですが
不思議とそうは思いませんでした。
はっきりと注意してくれたことで
自分の運転態度の引き締めになったし
驚かせてしまったことをきちんと謝ることが出来たからです。
良くぞ車を止めてくれた!と思いました。

自分も時に「なにやってんのさ!!」と
怒りたくなる立場になることがあります。
「危ないでしょう!」とひとこと言いたくなる。
でも普通はムカつきながら走り去ってしまいます。
その場で話してムカムカを処理できることって無いですよね。
それが出来るってすごいな~と思いました。
危ないことをした相手も もしかしたら私みたいに
「ごめんなさい」って言いたかったかもしれないしね。
運転、気をつけなきゃって思うかも だし。

そう思うと、
そのお兄さんは安全運転に一役買っているということ?
少なくとも私にとっては、交通安全指導員だったよ。

| | コメント (2)

2006年7月25日 (火)

がっかりだ・・・

グリニーズのおもちゃが出たとの情報を得て
早速注文してみました。
今日 届きました。

Greenies


ワクワクしながら開けて
マルクの目の前に「ホレホレ♪」って
置いてみました。

Greenies2

ガーーーーン
全く興味なし。
匂いをかいで「フン!」って言って終わり。

無理やり口をこじ開けて 挿んでみたけど
“ボトッ”とおとしてそっぽ向いた。

スイカフレーバーって書いてあるぞ!
夏向きじゃないか~!!
キミの好きなカミカミが出来るぞ~!!!
・・・・・・

これって、食べられるはずじゃなかった?という戸惑いか??

ま、今日の気分に合わなかったということで・・・、
「気が向いたら齧ってみてね。」って
おもちゃ箱にしまいました。


| | コメント (10)

2006年7月24日 (月)

蚊、パッチン!

玄関扉を開けておくと、家の中に良い風が通るので
ドアの前に蚊取り線香を焚いて
扉全開の我が家。

マルクは そよそよ吹く風に気持ちよさげに
玄関タイルでおやすみのことが多いです。

ところが、今日は途中で蚊取り線香が消え
玄関内に 蚊が入ってきた。
丁度起き上がったマルクの足元を飛びまわっていたので
パチンッ!!」と勢い良く両手を合わせた。

するとマルクが跳んだ!(@o@)
鹿が跳ねるようにピョンコ!と跳んだ。
どうやら突然の私のパッチンに驚いたらしい。

面白いからもう一度やってみた。
また跳んだ。ただ跳ぶと言うより
吹っ飛んだと言う感じ。
あまりに面白くてアハハと笑いながらマルクを見たら
なんなんですか~ U´エ`U」って戸惑ったような顔をしながら
マルクが擦り寄ってきた。
オモチャにした罰?マルクにこかされたワタクシ。

ごめん、もうしません。

Maru0724
ボクはマジメなんですから、
驚かさないでください!

| | コメント (6)

2006年7月23日 (日)

パパとマルク

昨日、クッキーママ・マロンママとおしゃべりをしていた時、
パパと犬との関係が話題になりました。
この3頭はみんな、パパには一目置いている
いうことがわかりました。
で、今日はパパとマルクのことを少し。

マルクは私が外出から帰宅すると
足元にまとわりついて、
隙あらば飛びついて顔を舐めまくる&
あごに噛み付く。(←痛くないけどね)
「おかえり~!おかえり~!
待ってたよ!ボク待ってたよ~!!」って感じ。
息が荒くなっちゃって、ハァ~ハァ~言ってる。
ひと時撫で回してあげないと
落ち着く気配なし。

でもパパの場合、
尾をゆっくり振りながら耳を引いてす~っと近づく。
「お帰りなさいませ、ご主人様。
ボク、良い子で待っておりましたよ。」って感じ。
勿論 飛びつくなんてしません。
逆にパパに「マルク~」って抱きかかえられようものなら
明らかに困惑した顔で、私に助けを求めています。

パパがマルクを厳しく叱ったと言えば
生後5ヶ月くらいの時に、パパのベッドに上って
眠っている所を大声で叱られたことくらいかな。
でも自宅で体重を量るときにパパが抱っこするので
そんなときに、「この人には敵わんな」と思うのでしょうか。

パパが一家の主であることを、
この家で一番理解しているのがマルクだろうと思います。(笑)

Tvkansyou
テレビの前に座って
珍しくテレビを見るマルク。
番組は国営放送のニュース。
社会派?!

| | コメント (2)

2006年7月22日 (土)

涼みにおでかけ

雨が上がったと思ったら
再び蒸し蒸し暑くなりました。

今日は午後にご近所のお友達と
+dogへお茶をしに行きました。
だってエアコンが効いてて、
マルクにとっては天国なんですもの。

それにもうひとつ目的が。
足先トリミングをお願いしました。
初めて切る前までは、あまり気にならなかった足先の毛。
でも、一度切ってしまうと
ぼさぼさが気になるようになりました。
トリマーさんに失礼のないように(?)
お出かけ前に シャンプーをしました。

シャンプーで疲れたのかな?
トリミングされている間、
寝転がって超リラックス(怠惰とも言う)のマルク。
トリマーさん、作業し易い?し難い?

コロンとした丸く可愛い足先になったマルク。
涼しいところでウトウトでした。
せっかくご近所のお友達ワンズに会えたのに
おやすみモード。
つまらんやっちゃな。

今日のお友達。
(携帯のカメラなので、綺麗じゃなくてごめんね)
ミニシュナのクッキー君
Pic_0007_1
マルクと遊びたそうにしてくれたのに、
ごめんね~、愛想なかったね。


バーニーズのマロンちゃん
Pic_0032
テーブルの下からコンニチハ。
久々に会ったマロンちゃん。
「あそぼう!!」ってしてくれたのに
これまた愛想なしでごめんね~。

Pic_0008_1
愛想なしのマルク。
キミの楽しみは涼むことだけか?!
それでいいのか?!

結局この頃子供の送り迎えに徹し、
ストレス溜まっていた私がおしゃべりして楽しかっただけ?

Hizume722
家に戻って、まん丸の足をして
今日ゲットしたひずめを齧って喜ぶマルク。
まん丸の足を見て、パパが一言。
「マンガの犬みたいな足になっちゃって・・・」
・・・・・?????・・・・・


| | コメント (4)

2006年7月21日 (金)

雨でこまってます

昨日から本当によく降りますね。
あちこちで災害が発生していますが
皆さんのところは大丈夫ですか?

今朝もザザ降りだったマルク地方。
用足しだけ庭で済ませるのですが、
運動不足がつまらない様子のマルク。
静かにゴローンとひっくり返っているものの、
時折「ぅううううううううん」と大きな溜息をついて
不満を吐き出しています。(と思う。)

夏休みに入ったアンコ&キナコを部活へ送るのに
一緒に車に乗り込むも、
家に戻り降車するときには、「これで終わりですか?!」
と言わんばかりにこちらをにらみつけます。

Mark0721a

マルク:「えっ?もう車庫に入ってるやん。
     どこかに連れて行ってくれるんとちがうん?」

~ いやー、帰ってきてしまいました。スンマセン・・・ ~

Mark0721b

「あっかんがな~。絶対降りへんもん!」
と伏せの姿勢をとるマルク。
鋭い目線で訴えております。・・・・つ・つらい・・・・
この目に弱いワタクシ。

後部座席のドアを開けて
「おやつ!」「ごはん!」「ミルク!」となだめすかし
ようやく車から降ろす・・・。
でも降りて玄関へ登っていくまでに
なだめすかされた言葉は忘れるらしいです。
庭をぐるりと回り 玄関に戻ってきますと、
水を飲んで知らん顔。
あまりにあっさりしているので、逆に申し訳なくなって
だますつもりはないのよ~ とおやつをあげるワタクシ。
マルクに操られているような気が・・・・(^^;

ようやく雨が上がり散歩に出ると
こんな所にも雨で困っているいきものを発見。

Semi0721
羽化したのに、激しい雨で飛ぶことをためらっているのでしょうね。
透き通った羽が美しい蝉でした。
地上では短い命なのだから、早く飛び立って鳴きたいでしょう。
明日は晴れそう。がんばれよ~。

| | コメント (4)

2006年7月20日 (木)

あたし、かわいい?

あたしマルク。
こんなオシャレしてみました。
ハート型の中にウサギちゃんが描かれてます。
2個もつけちゃってます。
どぉ?イケてる?

キナコ姉ちゃんがつけてくれたんだけど、

あたし、かわいい?

Maru0720
アメダカラ、ミンナヒマナノダ・・・・

| | コメント (5)

2006年7月19日 (水)

マルクとの出会い

午前中の雨はすごかった。
特に話題の無い本日。
なので4年前、マルクに出会うまでのことを少し・・・。

ドイツに駐在が決まった時、
向こうで犬を飼って一緒に訓練をして、
どこへ行くにも一緒(^-^) という生活をしたいと思いました。
さて、犬種は何にしよう♪

実ははじめはバーニーズって思っていました。
でもね、ドイツでバーニーズを見たら「デ・・・デカイ!!」
日本のお洒落な感じのバーニーズじゃないのです。
熊のように大きく、モッコモコ。
のっしのっしと言う感じで、これはビックリ!!
それに、冷涼なドイツで育ったバーニーズにとって
ある日突然日本の気候は過酷過ぎるかな~と思いました。

で、子供と仲良しで訓練も楽しめると言えば「レトリーバー」。
私の祖父が30年以上前にラブラドールとゴールデンを飼っていました。
その性格の良さ愛らしさは 子供ながら魅力に感じていました。
で、レトリーバーについて調べていたら、「フラット」発見!
柔らかそうなコート。スマートなスタイル。
性格も良いとなればこれしかないでしょう!

早速ドイツの犬の雑誌を買って、レトリーバー専門クラブを調べ
クラブ内のフラットの子犬情報を見てブリーダーに問い合わせました。

(ドイツには生体を扱うペットショップはありません。
入手はブリーダーから、が一般的です。)

でも、「家庭犬として飼いたい」というと
「フラットは猟などの使役犬として 大変優れた犬です。
働くことが好きな犬なので、普通に飼うのはかわいそう。
使役犬として飼う人へ優先的に譲る。」と言われました。
数が少ないので希望者も多く、
家庭犬を求む私の順番はどんどん後回しに・・・。
何軒かのブリーダーさんに当たったもののダメでした。

私が日本人だから?と落ち込むこともあったけど
気を取り直して犬の雑誌を買いなおし、
フラットの子犬情報を載せていたブリーダーさんへ再度アタック。。
すると、「私たちは使役犬優先とは言いません。」との返事。
場所も当時住んでいたハンブルクからそう遠くない。
で、会いにいってお話をして、お母さん犬を見せてもらって決めました。

そのブリーダーさんはレトリーバー専門クラブには入っていませんでした。
で、その人曰く、専門クラブは使役犬として使うことに大変熱心なのだそうです。
私はあえてそこへ入って行ってしまったというわけです・・・。
相手にされないはずでした(笑)。

マルクのブリーダーさんはラブとフラットのブリーディングをしながら
副業(?)として犬のペンションをしていました。
広~い庭で自由に走り回るお預かりの犬たち。
別室でお母さん犬と会わせてもらった時、
ブリーダーさんが
「この犬を手に入れるのにどれだけ時間がかかったか。」と
愛しそうにお母さん犬を見た目が今も忘れられません。

はじめの訪問でお母さん犬に会い、
2回目の訪問でヨチヨチの子犬たちに会い、
3回目は性格がはっきりしてくる生後44日にうちの子選び。
ドイツでは生後8週以前の子犬の譲渡は法律で禁じられています。
で、生後9週目でマルクをお迎えに行きました。

凹んだり言葉で苦労したり色々あったけど
結果マルクと出会いました。
可愛い子には旅をして出会え(?!) ですね。
長々読んでくださってありがとうございました~。

Welcometenpu
アルバムにも載せているけど、マルクをお迎えに行った時の写真をぺたっ!左のお2人がブリーダーさんご夫婦です。抱っこされているのがマルク。右の2人は小さかった頃のアンコ&キナコ。
みーんな小さかった(*^-^*)

| | コメント (6)

2006年7月18日 (火)

またまた獣医さん

今日も朝から獣医さんへ。
赤くなったマルクの皮膚を見てもらいました。
だって、昨晩も丸くなって寝ていたのです。
すぐお腹の辺りをカミカミ掻けるように
丸くなっていたもよう。
お腹の辺りはよだれでベショベショ。
かわいそうで、放ってはおけません。

診察を受けましたが、
アレルギー反応のようです。
痒み止めの注射を受け、消炎剤をいただきました。
現在スヤスヤおやすみちゅうのマルク。
痒みが止まってお腹のベショベショもなくなりました。
注射の効果は1日~2日らしいです。
その間に赤みがひいたら大丈夫なのですが
症状の改善が見られないようなら
再度診察となりました。
これでよくなってくれるといいなぁ。
060716tnp


| | コメント (3)

2006年7月17日 (月)

遊びすぎかな?

また何かに反応してお腹の辺りに発疹を作り始めたマルク。
気になって体のあちこちをチェックしていたら、
鎖骨のあたりが真っ赤になってる!

Akaitnp

発疹というより、擦り傷に近い感じ。
前足の付け根付近にも、同じようなものが・・・・。
どうも、ライフジャケットのベルトか、ジャケットの裏地で擦れた感じ。
材質へのアレルギー反応ってことも考えられる?
でもそれならもっと広範囲に赤みが広がるはずだし、
やはり擦れたのでしょうか。
痛みがあるのか、あたりを触るとひょこっと起き上がるマルク。
「なにするんですか?」って感じ。
水に浸からない状態でつけていると擦れるのかな。
遊ばせすぎかな?そんなまさか・・・・
う~ん、こんな症状になった方はいらっしゃいませんか?

Akaitnp1
「もう、しつこく触らないでくださいよ。」って顔?

Casabranca
鉢植えで育てているカサブランカ第一号が咲きました。
華やかな香りが広がっていますが、
あいにくの雨で花が輝けません。


| | コメント (3)

2006年7月16日 (日)

今日は川遊び

体調がすぐれなくて早起きしそびれたワタクシ。
涼しいうちに散歩へ出られなかったので
今日もどこかに水遊びに行かねば・・・。

でも遠出は出来ないので
いつもの川へ遊びに行きました。
河原はBBQをしながら遊ぶ人がいっぱい。
でもゴミもいっぱい。
なんだかな~と思いながら人の少ない方へ。

今日も念のためにライジャケ着せてお遊び。
でも水深が浅くて、泳ぐってことは無かったのですが・・・
ワタクシの安心のためってことで。
Kidugawatnp1
「は~、涼しいですよ、パパ&ママ。」

Kidugawatnp2
「おいで~って呼びましたねー。
今 行きますよー。」
水の中だと足取り軽そう。普通と逆だよね・・・。

Kidugawatnp3
マルクめがけておもちゃが飛ぶ。
「捕まえるぞ~」

Kidugawatnp4_1
「あぁ、今日も涼しかったぞ。」
帰宅してシャンプー。
お腹にまた発疹が出来たので、
昨日獣医さんでもらってきた
ティーツリーシャンプーで洗ってみた。
なかなか良い感じ。
痒がらずに運動後の休憩時間を過ごしました。

で、夕食後に再び元気復活。
060716_1
「お散歩行きましょう!」と
門へ続く階段で“行く気”をアピール。
夕立後に気温が下がって歩きやすくなったからよかったね。


| | コメント (7)

2006年7月15日 (土)

ぶー・ふー・うー病院へ行く

お久しぶり!
ぶー・ふー・うーの登場です。
今日は3匹そろって、
獣医さんへ行きました。
Bishantnp3_1
ぶーぶー言うビスケ。ボストンテリア6歳。女の子。
体重測定と肛門腺しぼり。
猫みたいにおとなしく、
猫みたいに小さいビスケなのに
先生ったら、お尻を絞るのに助手へ手伝いを要請。
チビすけだけに、いきなり「ギャン!」と暴れだすのでは
と心配されたようです。
飼主のパインちゃんが、「抵抗しませんから。」と言うまで
体重5.4㎏のビスケが2人がかりで抑えられてました。(笑)
先生にとってコレが初めてではないのに、
何でだろう・・・。

Ren715
ふーふー言う廉。ボクサー1歳4ヶ月の男の子。
今日は皮膚に出来た発疹の診察と肛門腺しぼり。
発疹はおやつなどの食べ物か、
散歩先の草などに反応して出来たものらしい。
発疹部分の脱毛や炎症が起きていないので
あまり心配しなくても良いって。
良かったね~。

Blog715
うーとも言わないマルク。4歳。
今日もまた、待合室で「ゴールデンですか?」と
訊かれちゃいましたー。
その方はシッパーキーのママさん。
フラットはシッパーキーよりは知名度があると
思っていましたが・・・・ちょっと凹んだ。
でも気を取り直して、「フラットコーテッドレトリーバーです。」と言うと
「あ、フラットコーテッドってそんなのなんですか。」って。
そんなの・・・?そんなのって・・・どういう意味???
かなり凹んだ。 チ~~~ン
マルクも体重測定と肛門腺絞り。
ドイツではお尻を地面に擦り付けることも無く
一度も絞った事がなかったのですが
日本に戻ってから1年に1度くらいの割合で
絞るようになってしまいました。
何が変わったのだろう・・・・・。
絞るくらい自分で、と思っていたのですが
マルクの腺は骨盤の奥の方に入り込んでいるようで
普通の絞り方では全くダメなのだそうです。
で、先生にお願いすることにしています。
体重は34.2㎏。
平日にあまり運動していない割りにまあまあですな。

というわけで、
お尻もすっきりのぶー・ふー・うー。
ご機嫌に午後を過ごしました。

| | コメント (7)

2006年7月14日 (金)

伸びちゃった君

Nobita_1

昨日の余韻が残っているのか
はたまた暑さにバテているのか
エアコンの風が吹き降りるところで
すっかり伸びちゃってるマルクです。

外は雷が鳴り、大きな雨粒が降っているというのに
全くお構いなしです。
幸いなことにマルクは雷も花火も怖くないようです。
ただひとつ怖い音は・・・
空き缶に小石を入れて作った「ビックリ缶」の音。
パピーの頃に天罰式しつけで使ったのですが、
コレが鳴ると、今でも固まってしまうマルクです。

さて、伸びちゃんの写真だけではつまらないので
昨日の琵琶湖遊びの写真も少し・・・。

Tosshin_1Tosshin2_1

投げられたおもちゃに向かって突撃!

Butacatch_1
「はい!ブタさんを捕ってきましたよ」

0714tnp1_10714tnp2_1

収穫を岸辺に向かって運搬中、
新たなおもちゃが頭上を飛んでいきます。
「あっ!」
息の合ったコンビ?!リーちゃん&マルク。

Gorogoro1_1
「実は顔が濡れるのはイヤなんだよね~」
って言っているのかな?
岸に上がると よくゴロゴロするのです。

Sunamamire_1

ほ~ら、お顔が砂まみれ。
目に砂が入らないのか心配です。
でもあまり気にした風ではないようです。

0714tnp3
「ママ、楽しかったから また僕を連れて行くのだー」


| | コメント (7)

2006年7月13日 (木)

再び琵琶湖へ行っちゃった!

本日も琵琶湖へ。
リーちゃん&リーママさんと出掛けました。

はい、装備は万全!
もう怖くないぞっ!

でも場所はチョッと変えてみました。(^^;)
水が綺麗で、人が居ない。
素晴らしいところでございました。

Shiga713tnp1
マルクとリーちゃん。

Shiga713tnp2
赤ジャケがリーちゃん。黄ジャケがマルク。
すい~すい~ととても気持ちよさげに泳いでます。

Shiga713tnp3
「リーママさん、アヒルちゃん持ってきましたよ~」
カメラを構える私は、彼にとってアウト・オブ・眼中の人 
となっておりました。
マルクの体全体から「楽しいパワー」が噴き出しているのがわかります。こういう表情を見ると、
「連れてきて良かった~」と強く思います。
飼主として幸せな瞬間ですねー。

Shiga713tnp5
たまには自分から陸に上がって休憩。

予想はしていたけど、
やはり前回の大騒動は マルクには何の影響も残していなかったようです。その様子をみて、私ももう安心。

Shiga713tnp6
ブクブク~って潜って石を探すリーちゃん。

Shiga713tnp7
でもね、お顔をあげると ほら、こんなに美人さんなのだー。

Shiga713tnp8
楽しく遊んで、車の中でスヤスヤおやすみ・・・・
のはずが!
1時間ほど走った頃から
「ヒンヒン・ヒャウヒャウ・・・」と鳴き出したマルク。
じたばた落ち着きません。
「まま~、しっこ!しっこ~~~~!!」らしい。
今日はライジャケで体が良く浮いたせいか、
泳ぎながらがぶがぶ水を飲んでいたマルク。
乗車前にトイレを済ませたのに、またモヨオシタらしい。
高速を抜けたところで降ろしてみると・・・・
40秒間のおトイレタイム。(な・・・長い)
スッキリして車に戻る時のマルクの脱力した顔が
おかしかったらしい。
リーママさんに
「マルクって3の線やなー」と笑われました。
せっかくカッチョ良く写真を撮ってあげたのに(ヘタなりに・・・)、
最後までキメられないのが、
やっぱりマルクだねぇ。


| | コメント (6)

2006年7月12日 (水)

理解できないこと《ペット可の宿》

マルクと一緒に旅行できる所を探そうと
ペットと泊まれる宿の紹介をまとめた本なんぞを買ってみました。
結構分厚い本。
「こんな厚みになるほど
最近はペット可の宿が多いのか♪(ワクワク)」
と喜んだものの・・・・・・・
ページを繰っていくごとに
だんだん腹が立ってきました。

「宿泊可能な犬のサイズ」という項があって
『小型犬のみ』がいかに多いか・・・。

小型犬しか入れないような小さな部屋なのか?
じゃ、人も入れないだろう?!

っていうことではないと思うけど、
連れている犬のサイズでお客を差別するな!
つまりは 中型・大型がダメなら
すべての犬をダメにしろ!  って思う。
そもそも小型犬のみ可という理由はなに?


もうひとつ驚いた“ペット可”。
ペット棟があって、犬はその建物のケージに強制収容らしい。
飼主さんは24時間いつでも
モニターで愛犬の様子をチェックできます、だって。

こういうのを考える宿も宿だけど
「そうなんだ~♪」って思う飼主さんが居るのだとしたら
私にはそれが全く理解できません。

犬は 飼主及びその家族と一緒に居られてこそ
慣れぬ環境でも リラックスして過ごせるものだと
私は思うから。

全く知らない場所のケージに、
家族から隔離され閉じ込められて夜を過ごす。
それを犬は楽しいと思うのだろうか。
家族を「群れ」と考えて、共に行動することを喜びとし、
時として家族を守ろうとする犬の習性を考えたら、
辛いのではないかな~ と私は思うのです。

別に腹を立てずとも、
利用する価値無し!と放っておけばよいのでしょうが、
こんなことだから日本は・・・・
と悲しくなるわけであります。

| | コメント (12)

2006年7月11日 (火)

知らぬふりしたいけど・・・

フードを補充しようとしていたら
床にぶちまけてしまいました。

補充作業を傍でみていたマルク。

目の前に広がるフードに
おヨダが湧き上がるようだけど、
素知らぬふりを 頑張るマルク。

Gamanmark0711
頑張るマルクの表情を撮って楽しむ意地悪なわたくし。
後のご褒美?
いえいえ、一粒残らず片付けちゃいました。
そのあと、いつもより少し多目の朝ごはんをあげましたけどね。


 

| | コメント (6)

2006年7月10日 (月)

眠たい一日

サッカーW杯が終わりました。
明け方からの試合観戦は
宵っ張りのわたくしには結構厳しいものがありましたが、
でも試合放送後、まだ涼しい屋外を
マルクとゆっくり散歩できるのは
なかなか良いものでした。

3位決定戦&決勝戦は
ハンブルクから遊びに来てくれた友人母子と
一緒に見ました。
彼女たちは、時差ぼけもあって
観戦後 睡眠。

でもわたくしは散歩、弁当作り、アンキナの送迎・・・
睡眠不足~

だけど友人は本日昼に次の目的地へ行かれたので
昼からボケ~~~っと。
友人とのお別れは寂しかったけど、
昼寝とは呼べないほど数時間バカ寝をしてしまいました。

マルクもお付き合いで一緒にソファでバカ寝。

夕方は家の周りの草引き。
暫くおさぼりしていたので大変なことに・・・。
蚊にかまれまくりながら、せっせと作業。

こんなことしか書く事の無い
平和で怠惰な一日なのでありました。

ヒッシニ バショトリシテカクホドノ ナイヨウデハナイネ・・・

| | コメント (0)

2006年7月 9日 (日)

脳みそミュージック

なぜか一日中、
頭の中に同じ音楽が流れていることって
ありませんか?

歌付なら「脳みそソング」。
歌無しなら「脳みそミュージック」。
マルク家一族の間では
それをこう呼んでいます。


ここ数日続いている脳みそミュージック・・・
それがコレ
「帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)/栗コーダーカルテット」
をお聞きくだされ。

すでにご存知の方も多いかもしれませんね。
わたくしは先週半ば、
運転中のラジオで初めて耳にしました。
「好きな」ツボに見事ハマってしまいました。
ふと気付くと口笛吹いてクスクス(^m^)してます。

ストレス社会に長閑な涼風のようです。

| | コメント (5)

2006年7月 8日 (土)

サラ艶マルク

今晩、ハンブルクからお友達が遊びに来てくれます。
なのでマルクをシャンプーしました。

暑かったから、
水に近いぬるま湯で洗ったので
マルクはいつも以上に気持ち良さそうでした。

仕上げにスプレータイプのトリートメントローションを
使ってみました。
Lotionpulusdog
+dogで購入しました。
(お写真は+dogのブログからお借りしました。
買ったのはゴールドの方を1本だけですよ。)
ドライヤーの前にサッと吹きかけるだけ。
普通のコンディショナーをつけると、
夏場は皮膚がべたつきそうなので
これは良さそうだと思いました。

仕上がりはサラサラ。
さわり心地が気持ちいいです。
ブラシの通りも良い感じ。
少々の汚れはするりと落ちそうな感じですが、
ま、これは暫く様子をみてみましょう。

Washmark0708
うんにゃ~、後ろにビールを飲むオヤッサンが入ってしまった。
マルクも目をつむってるし、イマイチだなー。
でもパパッと撮る時間しかないので、
今回は少々お見苦しいままで・・・・。

大変だ、早くしないとお友達がやって来る~(◎o◎;)

| | コメント (0)

2006年7月 7日 (金)

良かったな~♪3連発

良かったな~、その1

水曜日に公開した迷子の黒ラブちゃん、
無事にお家へ帰れたそうです。
同じ町内のお家の子だそうですが
最近引っ越して来られたばかりだったとか。
黒ラブちゃん、チョット探検してみたかったのかな?

飼主さん、周囲を探したけれど見つからなかったため
警察に届け出たところ、
動物病院で預かってもらっていることを知ったそうです。

双方大喜びのご対面になったとか。

いや~、良かったなぁ。
でも こういう話を聞くと、
迷子札の大切さを痛感しますね。


良かったな~、その2

今日もまたお友達とフレンチブルのルピン家へ
お邪魔してきました。

そしてお友達と新たなご縁組がありました。

もうちょっとしたら、とあるお家の子になるお嬢様です。
Lemontnp_1
ルピンママの性格を一番受け継いでいるような、
穏やかで落ち着いた印象のレモンちゃん。

縁組の瞬間を目の当たりにして
私もすっかり幸せな気分になってしまいました。
いいなぁ~

そうそう、パピーたちはますますシッカリしてきて
以前はもちゃもちゃしていた走りも、
今はスッタカター=З=З=З
個々の性格も顕著に現れてきて
さらに面白可愛さアップ!!
コンデジしかなかったので、
素早い動きが全く上手く撮れず、今日のお写真は断念・・・。
でも、新しいご縁・・・良かったなぁ。


良かったな~、その3

Cookiemamapres_1
クッキーママからいただいた、
手作りのプリザーブドフラワーアレンジメント。
我が家の為に、
我が家のイメージで作ってくださったのです。
良かったー、我が家のイメージが良さそうです。
でも実際 こんなに素敵な我が家かな?!
実態はお見せできないかも~(^^;)

でもとても嬉しく飾らせていただいてます。
どうも有り難うございました!


| | コメント (8)

2006年7月 6日 (木)

準備OK?!(琵琶湖の続き)

Lifejacket_1
一昨日入手したライフジャケット。

これで・・・・

犬用ライジャケ、よ~し。
水着、よ~し。
アクアシューズ、よ~し。
人間用ライジャケも、よ~し。

遊びに行けるぞぉ!!

ところで、大変なことになった前回の琵琶湖ですが、
勿論楽しいこともあった訳で・・・・
今日はその時を少し振り返ってみようと思います。

Biwako0701a
7月1日土曜日。
こんな風にご機嫌に水遊びしているマルク。

Biwako0701b
こんなことをしていると・・・・

Biwako0701c
「楽しそうね~」と思って来てくれたのかな?
お散歩途中のビーグル・べべちゃん。1歳ちょっとの女の子。
おもちゃを咥えては、「取り戻してみて~」って
陸に上がったマルクの周りをグルグル。
でも小さい子に戸惑っているのか、マルクはイマイチの反応。
で、リーちゃんと一緒に水中へ・・・。

べべちゃん、「陸では相手にしてもらえないのね」と
一緒に水中へ入るものの、
今まで足の立たない所へは行ったことが無いらしい。
(泳げないってことね。)
何度もマルク達について行こうとするけれど途中でストップ。

でも繰り返しているうちにとうとう!!

Biwako0701d
べべちゃん、初泳ぎですっ!
それも おもちゃをちゃんとレトリーブしておりますっ!
“レトリーヴィーグル”の誕生です?!

べべちゃんのこのめざましい進歩に
感激したわたくしであります。

べべちゃん、泳げるようになっておめでとう♪
でもね、マルクのように馬鹿熱心に泳がなくても良いからね~。
ほどほどに~、危なくない程度に遊んでね!


| | コメント (2)

2006年7月 5日 (水)

黒ラブの迷子情報です!

この子に心当たりはありませんか?
Maigolab3
本日、午後4時45分頃
京都府相楽郡木津町梅美台2丁目路上
保護されました。

黒いラブラドールレトリーバーの女の子
獣医さんの見立てでは3歳くらいと思われます。避妊手術の痕、無し。
小柄で、人馴れしたおとなしい子。
Maigolab4Maigolab2

赤い革の首輪をしています。
名前その他身元を確認できるような情報は
首輪には書かれていませんでした。
使い込まれた風の首輪です。
リードはありませんでした。
毛の感じから、恐らく外飼いされていたと思われます。

現在は近くの梅美台動物病院にて保護されています。

お心当たりの方は,
メールアドレスを添えて、コメント欄にお知らせいただくか、
又は
カフェ「+dogplus-dog@iris.eonet.ne.jp
までご連絡ください。

無事、飼主さんが見つかることを祈っています。


| | コメント (5)

2006年7月 4日 (火)

博物館と紅茶

日中は暑くなった今日でした。
マルクは日中、戸外の陸上運動は無理なので
お留守番くん。

私は午前中に友人のしおんさんと奈良国立博物館へ。
特別陳列「やまとの匠」を見に行きました。

奈良時代の奈良は良く知られているけれど
近世の奈良はあまり知られていない。
(確かにそうだ)
でもその時代も、奈良には沢山の参詣者が訪れ、
工芸の世界にも多くの名工が現れたそうな。
で、その頃から現代に至る工芸品を展示紹介している催し。

一刀彫や赤膚焼、漆芸、螺鈿・・・・
近世の奈良にも、こんなに多くの工芸品があり
名工がいたのだと 改めて知りました。
でも、奈良の工芸品は きらびやかというより
どこか素朴でおっとりとした作風が感じられるのは
土地柄かな。

個人的には、寺瀬三楽の一刀彫に感動しました。
ノミの跡が残りながら、その人形鹿
今にも動き出しそうなリアリティーがある。
良いものは、私のような凡人の心でも動かせるのですな。


そして午後は、アン・キナの幼稚園時代からの
ママさん友達と一緒にお茶をしました。
かねてより行ってみたいと思っていた
京都にあるティースコーネ
紅茶とスコーンのお店です。
Teascone
店内は英国の田園調(?)のインテリア。
茶器やクッキーも売られています。
期待通り、数多くのフレーバーの紅茶があり
それだけで嬉しくなってしまった私。
これから時々訪れて、
色んな紅茶を味わってみたいと思います。

というわけで、遊んでばっかりか!という一日でした。
お付き合いくださったお友達に感謝。
お留守番くんになっていたマルクに陳謝。

| | コメント (0)

2006年7月 3日 (月)

お客さん大好き

今日は出産入院友達のしおんさん
遊びに来てくれました。
ご自分で作ったたまねぎと、
ご実家のお母様が作られたたまねぎ&ジャガイモ
そして
Minaduki

彼女が作った「水無月」。
お土産沢山いただいてしまいました。
「水無月」、簡単に出来るって言うけど本当かな~。
お店のもののように美味しかったです。
夫も「おいし~い」ってうなっておりました。
ご馳走様でした。

衣食住、どれも丁寧な手作りを楽しみながら暮らすしおんさん。
見習いたいけど、不器用な私にはとてもとても・・・。
おしゃべりしていていっぱい元気をもらいました。
きっと、一昨日のことがあったので
私を励ましに来てくれたのだと思う。
うれしかった・・・・・

で、もう1人(?)うれしがっている子が。
Maru060703マルクです。

いつもなら冷たい玄関タイルで過ごす日中ですが、今日はずっとしおんさんの椅子の下。
脚や背中や頭を、寝返りを打ちながらも必ずくっつけて存在を静かにアピール。
暑っ苦しいでしょー、というのにマルクは何処吹く風。
女性のお客さんが特に好き。
私はちょっとやきもち?!えっへっへー

| | コメント (0)

2006年7月 2日 (日)

さようなら、ぴーちくさん

今日のお昼、
ぴーちくさんは外の世界に飛んでいきました。

ここ2日間殆ど構ってやりませんでした。
放してあげようとする前に
最後のワームを食べさせました。

小屋を外に出し、扉を大きく開けました。
でもなかなか出ようとしないので
手に乗せて出そうとしましたが
手にも乗りません。
少し悲しいけど、そうでなくては困ります。

何とか捕まえて小屋の外で手を開きました。
パタパタと飛んでいきました。
あっという間に遠くの家の屋根の向こうに消えていきました。
そんなに飛べるほど成長していたんだね・・・。
うれしい反面、寂しさも・・・。

もし飢えて戻ってきた時の為に
外に、鳥小屋の扉を開いたまま置いておくことにしました。
庭にもたっぷり餌を撒きました。

外でスズメの鳴き声がすると、
空を見上げて「ぴーちく」と呼んでしまいます。
暫くはこんなことが続くんだろうなぁ ^^;)


Pichikutnp1
こんな子が・・・

Pichikutnp2
こんなになって・・・

Pichikutnp4
そしてこんなになって・・・

Pichiku060702tnp

これが飛び立つ前のぴーちくさん。
随分とスリムに、大人っぽくなったでしょう。
6月6日に我が家のお客となって27日間のお付き合い。
さて、大きなつづらと小さなつづら、いつ選ばせてくれるかな?

そうそう、マルクはからっぽになった小屋を
暫く覗き込んでおりました。
空に向かって「ぴーちく!」と呼ぶと、
一緒に空を見上げながら私の周りを忙しく歩き回り
探すような素振りを見せます。
彼も分かっているのかな・・・。
Pichikulasttnp
寂しくなったね、マルク。
いつかお散歩の途中で会えるといいね。


| | コメント (10)

2006年7月 1日 (土)

マルク、水中アクシデント!

人間、本当に恐ろしい目に会うと
その事に触れたくなくなるものなのですね。

今日のブログは胸の動悸を抑えながら
キーボードの前から逃げたい気持ちで綴っております。
思い出すと手が震えてきます。
(今までいかに御気楽な日記ばかり書いてきたかが
よくわかりました。)
でも自分を諌めるためにも、きちんと残しておかなければ
と書くことにしました。

今日は曇り空・時々雨。
こんな日は琵琶湖も人が少なかろうと、
リーちゃん&リーママさんと一緒に遊びに行きました。
Biwako0701
一緒にスイスイ泳ぎまわるリーちゃん&マルク。
人が少なく、貸し切り状態。
ゆったりたっぷり泳げました。

昼食休憩したあと、もう一泳ぎ。
さぁ、ラスト一回・・・というところで
マルクが自分から入水。
黙々と泳ぎ始めた先にペットボトルが浮かんでいました。
30mほど先でしょうか・・・。
そのうち飽きて戻ってくるかと思っていたのですが
彼はズンズン進む。
私は急に怖くなって呼び戻しました。
でも彼の目標は完全にペットボトルへ。
私の声も聞こえていない風・・・。

ペットボトルを捕らえたマルク。
そのまま泳いで戻ってくるかと思ったら
ペットボトルは何かの浮きになっているのか
全くその場から動きません。
でも咥えて必死に泳ぎ続けるマルク。
時間だけが過ぎていきます。
色々指示を出しても状況は変わらず。
あきらかにおかしい。
もしかしたら、水中の紐か網に足を取られているかも・・・

急遽近くの駐車場事務所に助けを求め、警察に連絡。
助けが来てくれるとなれば 
私が救助に向かっても大丈夫だろうと、
水に飛び込む覚悟で岸辺へ戻りました。

するとペットボトルの浮きにマルクの姿がありません。
「沈んでしまった?!」
  ・・・・・ いえ、岸に居ました。
そしてリーママさんがびしょぬれで岸に上がってきてました。
リーママさんが思い切って、犬のライジャケを浮き輪代わりに
助けに行ってくださったのです。

ペットボトルにくくられた紐が歯に引っかかり外れなかったようです。
リーママさんが近づくと、
マルクはもがくように泳いでいたそうです。
口の紐が外れたら 自力で岸に泳いで戻ったものの、
そのまま放置していたら溺れていた可能性が高かったと思います。

リーママさんも、もがくマルクの近くで
リーちゃんにもしがみつかれて
「このままじゃ私も危ないかも・・・」と感じられたとか。

リーママさんもマルクも無事で本当に良かったと、
体中の力が抜けていくような思いがしました。
「着替えもあるし大丈夫。大事に至らなくて良かったね」と
笑ってくれるママさん。
でも、でも、一歩間違えれば大変なことになってたはず。

ママさんはマルクの命の恩人です。
感謝しつくしても足りない思いと共に、
楽観的過ぎた自分の愚かさを反省。
呼び戻すタイミング&自分で飛び込まなかった判断の甘さを恥じ
時間が経つごとに沸き上がってくる恐怖心に震えています。

犬用ライフジャケットだけではダメ。
今回のケースでは、助けが無ければ
自力で戻って来れなかったのですから
●人間用ライジャケも絶対必要。
●服のしたには水着を着用。
「まさか」は起こりうることだと肝に銘じ
気楽なお遊びでも万全の体制が必要だと痛感しました。

リーママさん、本当に有難うございました。

もう水遊びは怖い、と言う気持ちがあります。
でもそれで2度と水遊びをしないというのは
何か違うような気がします。
マルクは何事も無かったように平然としています。
怖い気持ちを消すためにも、
万全の装備でもう一度楽しく遊ばなければ と自分を励ましています。

Mark060701
この姿を失わずに済んで本当に良かった。
「何があった?」と言う表情が
さらに私の心を重くします。


| | コメント (16)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »