« パラダイス再び | トップページ | めだかの天敵 »

2006年11月 3日 (金)

やってシマッタ~!

     
連休第一日目。 良い天気でした。

アスティ家から業務連絡(?!)いただき、午後からランへ行きました。

お家でくすぶっている廉も連れ出し、
れんまるコンビで出掛けました。

到着すると、パーキングにフラットステッカーのクルマが沢山!

ランに入るとステッカーはウソじゃなかった。
黒い子ワラワラ・・・オフ会?状態。
偶然ご一緒に、という方が多かったそうで、
今日はフラットの当たりの日だったのかも。

061103_10tnp
ほら、賑やかでしょう?

顔ぶれは・・・アスティ・モリー・マッシュ・クー・シェヴァ・くらら・
那智・アイリッシュのキース・コリーのサラ・
そしてチョコちゃんとこのトイプーのたくみ(皆さん敬称略でお許しを。)
そして廉とマルク。忘れている子、居ませんよねぇ(汗)
他に、ラブラグループやビアデッドコリー・シーズーなど
たくさんたくさんたくさん!

でも大きな問題もなく、皆 楽しく遊んでおりました。
(えぇ、帰る間際までは・・・)

061103_2tnp
午前中に宮跡で バーニーズのマロン嬢と遊んだマルク。

少々ガス抜きが出来ていたので、
“独り崖からボール落とし”は出現せず。

でも、投げてもらえるボールは、率先して拾いに行ってました。
霞んでいるのは砂埃。ひえ~~~~

061103_9tnp

061103_8tnp
びよ~ん」 廉 亀さんですか?!
ぶれぶれですが、お許しを。

061103_12tnp
皆でボールを追いかけて、
投げる人も犬も楽しそうです♪

061103_14tnp
本日大変お世話になりました。
↑くららちゃんのパパさんです。
ワンコと遊ぶのが大変にお上手で、
れんまるはすっかりパパさんに夢中。ありがとうございました。

061103_18tnp
くららパパさんの誘導で、股くぐりもこの通り~。

061103_1tnp
本日のファインプレイヤー「那智」くん。
崖下に落ちて忘れられていた我が家のボールを
探し出して持ってきてくれました。Danke!!

061103_19tnp
ウエアが素敵~なクーちゃんとたくみ君。

061103_20tnp

061103_21tnp

楽しい時間がそのまま終わると思っていたのに・・・
↑この子がやってくれました。

さぁ、そろそろ引き上げようかという頃、
もうすぐ1歳になるというフラットの男の子がご入場。
大きいけど まだパピーのあどけなさが残る身のこなし。
ボールが大好きなんですね。
スタスタ ボールやおもちゃを求めて動き回ってました。

でもその子、ボールを取るとき唸るのです。
若年でその態度は大丈夫かな~、と気になっていました。

マルクのところにも行き 唸り、ボールを取っていきました。
マルク、この時は驚いたのか すんなりボールを放して譲りました。

ところが再び マルクが私の傍に伏せている時に近寄ってきて
マルクの抱えていたボールを取ろうと 唸りました。
私が傍に居たことが影響したのか マルクは唸り返しました。
相手も更に唸る、マルクも更に唸る。
一瞬の間に小競り合いに発展。
結果、その子が「ヒャン!!」という悲鳴と共に退いたことで 
争いは終わりました。

悲鳴は恐らく マルクの歯が当たったからだと思われました。
急いでその子の頭部をチェックしました。
目の上にヨダレの後があるものの、
キズらしきものは確認できませんでした。
飼主さんは「少し痛い目にあったほうが良いのです。
気にしないでください。大丈夫です。」と言ってくださいました。

なので謝りつつ、暫く様子を見た後で
そのまま帰途についてしまいました。

でも、もしも犬歯が刺さっていたら 出血も無く
痕もすぐには確認しづらいでしょう。
もしも後でそのような重大なキズが見つかり
獣医で治療を受けることになった時のために、
私は自分の連絡先をお教えするべきでした。
車中で気付き、後悔と反省。

マルクのしたことは悪くなかったと思う。
でも、私の対応は悪かったと思う。
どうかその子がキズを負っていませんように・・・・。
ごめんなさい。


|

« パラダイス再び | トップページ | めだかの天敵 »

れん・ビス・マルク」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

確かに相手が先に唸ったとはいえ、怪我をさせていたら?と考えると不安になりますね、、、
女の子とオカマちゃんには寛大な義だけど
男の子にはその分?厳しいので毎回ヒヤヒヤもんです(^-^;

それにしてもマルクも怒るのだとビックリしましたよ~

投稿: 義まま | 2006年11月 4日 (土) 09時20分

☆義まま~、

正直、私も「怒るんだ」と驚きました。
でも、犬社会のルールからすると、
今回のケースは怒っても仕方ないかな・・・と思います。
「怒る」というより、「叱る」という方が正しい感じでした。
でももし怪我を負わせていたら、それはこちらが悪い。
飼主としての対応が悪かったと反省の中に居ます。
4年間犬と生活してきても、まだまだ気付かされる事が多いです。


投稿: マルクまま | 2006年11月 4日 (土) 12時35分

この記事へのコメントは終了しました。

« パラダイス再び | トップページ | めだかの天敵 »