« 雪の行く年来る年1 | トップページ | 雪の行く年来る年3 »

2010年1月 1日 (金)

雪の行く年来る年2

さて、年が明けて1月1日。

朝ごはんまでの間、働くおじさん↓S100101a_13
車の雪かき。  それにしても見事な積もりっぷり。

S100101a
朝ごはんは、昨晩のてっちりの残りでふぐ雑炊。ぜいたく~delicious
忘れちゃいけない、もう一品。
我が家流の白味噌仕立てのお雑煮もありました。
でもね、里芋を十分下茹でしたつもりなのに、ゴリゴリって芯が・・・coldsweats02
みんな、忘れてね~。

しっかり温まったら、マルクと外を散策。S100101a_2

S100101a_3

S100101a_5

S100101a_1
「ママ~」
なんちゅう顔?! 小麦粉の中の飴を探りとるゲーム挑戦者みたいや。

さぁ、その後は装備を整えて、スノーシューハイク!!
マルク家は初チャレンジです。 楽しみ~♪S100101b_3
道は綺麗に除雪されているので、あえて森の中へ入ります。
とっても雪深いよ。 そしてフカフカ。
スノーシューでもかなり足が沈みました。

S100101b_6
マルクも胸まで沈みます。

S100101b_13

S100101b_22
これで雪の深さがわかるでしょうか?

S100101b_21
KID。

S100101b_17

道路に出ては、また次の雪原を探して入っていきます。S100101b_30

S100101b_27
一列で歩くと楽チンだよね。

普通では歩けない場所をスノーシューでザクザク入っていける。
冒険しているみたいで面白かったのだぁ。

S100101b_31
サラサラの雪がコロコロの雪玉になりました。

S100101b_33
雪玉ブラザーズ。

S100101b_34

S100101b_35
シンクロ2歳児。

S100101b
チーム・クラウドチェイサー(笑)
ヤングはブルー。アダルトはブラック。

フカフカ雪を堪能した後は、 筋肉の疲れを癒しに温泉へ。
ツルツルのお湯にくわえて 露天風呂は雪見風呂。 贅沢でした~。

元旦の夕食は、すき焼き!
オーレ家が用意してくださった美味しいお肉をたらふくいただきました。

そして就寝。 ログハウスの屋根から落ちる雪の音は
想像以上に大きく、建物が揺れるほど。
夜中に2度、その音に驚いて目が覚めました。
雪の力ってすごいんだなぁ~と思いました。

で、今日はここまで。
またまた次の日記に続きます。

|

« 雪の行く年来る年1 | トップページ | 雪の行く年来る年3 »

」カテゴリの記事

犬2010」カテゴリの記事

雪遊び」カテゴリの記事