« プール効果? | トップページ | ウォーター・ボーイズ »

2010年7月26日 (月)

“末期”?

Simg_100726mark
「ふぇ~、今日は疲れたなぁ・・・」のマルクです。

午後、心臓専門医の診察を受けてきました。
先日行った血液検査を除き、X線・心電図・エコー検査をされました。

訪れるのが2回目の病院。
「あ、思い出したぞ」って、すでに帰りたそうな表情のマルクでした。
私から離れ 検査に連れて行かれるとき、かなり尻込みしていたので
手こずらせるかも・・・と心配しましたが、
検査終了後、先生の発した第一声が、「マルク君、とても扱い易かったです。」でした。
看護師さんひとりで楽々とコントロールできたとか。

あーよかった。  って、実は抵抗する体力さえなかったってこと・・・?と
少々不安になりながら、先生の診断をうかがいます。

心臓の肥大は進行していました。
前回(約 半年前)の心臓は まだ楕円形として認識できましたが
今回はかなり円形に近くなっています。
「可愛い形の心臓になったぞ♪」と一瞬思った自分に「喝!」です。coldsweats01

収縮率も低下。 前回はかろうじて二桁あったのですが、
今回は一桁に落ちました。(健常な犬の場合30~40%だそうです)
心臓内の逆流もかなり多くなっていました。

ステージは中期~末期にさしかかったところ。

「末期」・・・・Heavyな響きです。

でも、悲観的な要素はここまで。


2月に撮影された肺は、水が溜まり白濁していましたが、今回はクリアでした。
先日検査した腎臓・肝臓の結果でも悪化は認められない点を考えると
今の薬が上手く作用していて、良い状態が保てているのです。
よって、今しばらく 現状の薬のままで様子を見ることになりました。
但し、飼い主としてマルクの変化に目を光らせる中で
循環器の先生と共に経過を観察して、来るべき時期には
最終兵器薬の投入を行うこと となりました。

「来るべき時期の」判断ポイント
①肺水腫を起こす
②今まで出来ていた運動が出来なくなる
③家庭内での安静時の心拍&呼吸数が落ちなくなり苦しそうな状態を続ける
④腎臓・肝臓の数値の上昇

shineeye 目を光らせますとも!

そして、もうひとつ嬉しかったこと。
レトリーバーの気質を考えると、
適度に外で遊ばせて ストレスを溜めさせない生活も、元気の維持には重要なこと。
「お母さんのマルク君への対応も賢明です」と言ってくださいました。
crying crying crying crying crying crying crying crying
正直、楽しげに遊ぶマルクを見ながら、でも本当にこれで良いのか?と
自問自答し、苦しむこともあります。
薬を口にねじ込みながら、孤独な闘いに落ち込むこともあります。
お世辞だとしても、ドクターにそう言ってもらえて、救われました。

帰宅ラッシュの渋滞にもまれながら
「末期」にではなく、「賢明」という言葉に泣きながら 帰路につきました。

マルク、このままゆるゆると低空飛行を続けてくれたまえ。
更に“超低空”というレベルもあるそうだから、安心して飛び続けて。

Simg_100726lotta
兄ちゃんが病院へ行っている間、ひとり 暑い家の中でお留守番していたロッタも
ご褒美に撮影してあげます。(迷惑そうな顔するな!)

|

« プール効果? | トップページ | ウォーター・ボーイズ »

マルクの健康」カテゴリの記事

コメント

マルク!がんばってるんだね!!だって、楽しいもんね^^へばってられないやね(笑)

涼しくなったら、もっと楽しいことがいっぱい出来るよ!

うん!良い点もあって良かった!!!

ロッタンの表情、何とも言えない困惑顔?!「ロッタン置いて、ドコ行ってたの!?」と言ってそう^^

投稿: いくりん | 2010年7月27日 (火) 18時39分

☆いくりんさん、

ありがとうございます。楽しいことがあると、元気になる。
ヒトも犬も同じですね。

ふふふ、涼しくならないうちに楽しいことが起こりそうですheart02
ワクワクしていま~す。

ロッタ、微妙な顔でしょ?カメラのレンズが怖いんですよ。
内弁慶なんです。家族には強気なのに、そのほかのことにはびびり。
いつもひとりでお留守番がかわいそうで、ドライブに連れて行くと
「どこ連れて行くのニャー!!」ってメチャメチャ五月蝿いです。
で、お留守番係りさんを務めてもらってます。

投稿: マルクまま | 2010年7月27日 (火) 23時05分

マルク兄が華麗なる低空飛行を続けていられるのは
凄腕の名パイロットがいてこそshine

先生のお言葉もとっても嬉しいよね☆

投稿: GAIAママ | 2010年7月27日 (火) 23時18分

☆GAIAママさん、

うわ~~~んcrying
GAIAママにも泣かされた~~~cryingcryingcrying
ありがとう。
名パイロットは鬼教官。病気に負けてぼやぼやしていると
ビシビシムチが入ります(笑)
これが華麗なる低空飛行の秘訣かなcoldsweats01

投稿: マルクまま | 2010年7月28日 (水) 20時48分

こりゃこりゃー!
タイトル!「”末期”?」はアカン。
ま、低空だろうが超低空だろうが飛んでる事が大事。
大丈夫!
出張ワン撮り隊としては、マルクの雪遊びを撮る予定なのでねsign03

投稿: ボンチチ | 2010年7月28日 (水) 21時51分

↑こりゃこりゃボンチチどん。
雪遊び撮影ターゲットは、マルクとコボンでしょ!!

ボンチチどんに一票!!
タイトル、ドキっとするでおじゃるよ。

でも、
『レトリバーの気質を考えると』
confident~~~note
そう仰って下さるドクターに座布団100枚(^.^)b

投稿: 勘母 | 2010年7月28日 (水) 22時02分

☆ボンチチさん、

え?あかん?でも本当に「末期」って言われたんだもん。
でも私はにわかに信じがたいから「?」マークつけました。

低空飛行をいつまで続けられるだろう。
その点については、↑に書いていないことがあるの。
今度こっそり耳打ちします。catface
雪遊びを撮る?!うわ~ん、また獣医さんに呆れられてしまう・・・(笑)

投稿: マルクまま | 2010年7月29日 (木) 01時55分

☆勘母さん、

そーだ、そーだ、コボンも撮るのだ!
そのとき、マルクもコマルになっていたら“困る”。

ひゅ~~~~mistお寒うございますなぁ。

「お~い、タカオ!マルクままの座布団、みーんな持っていけ!」
「へ~ぃ」  (笑)(笑)(笑)

投稿: マルクまま | 2010年7月29日 (木) 01時59分

タイトルのちょっとびっくり!
でも低空飛行なんだよね。
上手に上手に低空飛行して、生活のレベルを下げる事なく、過ごしてねぇ〜。
うん、『賢明』本当によく頑張ってるよ...マルクまま☆
余談!暑い季節だけど..風鈴に癒されてるぅ〜ありがとう!

投稿: にーけすまま | 2010年7月30日 (金) 11時34分

☆にーけすままさん、

コメントありがとうございます。
「末期」に驚かせてしまってごめんなさい。
進行を止めることができない病気なので
この言葉も仕方ないことだと思っています。
でも低空でも超低空でも飛び続けることが大切。
頑張っていると言って下さってありがとう。励みにしてこれからも「遊び」ます(笑)
風鈴で少しでも涼を感じていただければ幸いでっす!

投稿: マルクまま | 2010年8月 1日 (日) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プール効果? | トップページ | ウォーター・ボーイズ »