« バデラデインディ家と遊んだよ♪ | トップページ | マルクと川デート »

2010年8月18日 (水)

循環器の病院へ

仕事が休みだったので、朝一番からマルクの病院へ行きました。

夜中に呼吸が荒くなり、水を飲むだの トイレに行くだの 咳をするだの
バタバタして私も何度も起こされます。
そんなこんなで、肺に水が溜まって苦しいのかな?との不安があったし、
胸の下や後ろの太もも後ろ、前脚の裏側などに瘡蓋状の大きな発疹が沢山。
急激に痩せたのも心配だったので行きました。
ついでに、月に一度の血液検査も行いました。

先ずは、肺の音。
水が溜まったような音はしませんでした。異常なし。

発疹。
地面と接触するような場所に出来ているので 皮膚炎でしょう、とのこと。
どれも瘡蓋状になっているので、暫く様子を見ることになりました。
思えば、このところずっと 一日に何度も何十分も我が家のマルクプールに浸かり
そのあと木陰で土掘りをして埋まっていました。
ジメジメと 土中の細菌で炎症が起きても不思議じゃないです。

そして体重減少。
呼吸数と心拍を上げて全身に血液を送ろうとするのは、体力を要するのだそうです。
でもマルクは数ヶ月食事をまともに摂れない日々が続きました。
また、心臓の働きが弱ると、血液が抹消までしっかり栄養を送れなくなるので
心臓病の子は痩せてくるのが普通なのだそうです。致し方ないってことみたい。
でも30kgを切るのは、マルクの大きさからして避けたいことなので
これ以上の減少は無いほうがよいとのこと。
今、食べてくれることで 現状維持を図れるかが重要のようです。
しっかり食べろ~riceball 太れ~、太れ~sign03

そして血液検査。
腎臓の数値も、肝臓の数値もさらに改善されていました。

今のところ、目立った変化は無く
薬と身体のバランスが取れている状態だと診断されました。
「よくやってるな!マルク♪」と先生にお褒めいただきましたーっsweat01

んじゃ、どうして夜しっかり眠ってくれないの?
なんでドタバタしてワタシを起こすの?
そんな状況の中、私が神経質になりすぎているってこと?

嬉しい結果を素直に喜べない私に、先生は言いました。
「神経質になるのは、ある意味当然ですよ。
 今が大丈夫だからって、明日も大丈夫と言えないのが この病気ですから。」

優しい先生ですが、その言葉も素直に喜べませんやん。
疲弊気味です・・・・gawk

Simg_100818
水飲み台に頭を乗せて、こんな状態で眠っていることもあります。
横になって寝られないのは(頭を下げられないのは)肺水腫の兆候のひとつ。
心配するでしょう~?ふつう・・・。(苦笑)

|

« バデラデインディ家と遊んだよ♪ | トップページ | マルクと川デート »

マルクの健康」カテゴリの記事