« 納涼キャンプ① | トップページ | バデラデインディ家と遊んだよ♪ »

2010年8月15日 (日)

今回のキャンプを終えて

Img_9451

今回のキャンプ場は、標高1500mの場所にありました。

Img_9493

1500mの高度は、酸素濃度が83%ほどだそうです。
健常者なら何てことの無い差なのでしょうが、マルクにとって厳しいものに
なるのではないかと、正直心配でした。
(いざという時のために周囲の獣医師リストも作成していました。)
酸素が薄い上 雨で湿度も高く、マルクの呼吸はゼロゼロしてましたが
酸素の缶を使うことも無く、ニトロを使うことも無く、
いつもの薬だけで済みました。
そして、涼しかったのが何より心地よかったとみえて、顔つきは明るく楽しそうでした。
自由時間も、小川に向かい身体を冷やしたあとに
自ら率先して 上り坂の続くキャンプ場をぐるりと歩きました。
それ以外は木陰でのんびり、アスティやルフィが遊んでいるのを見つめていました。
自分で無理なく過ごしてくれたので こちらも助かりました。

食事は、「レバースープばっかりいらん!」と終盤はわがままを言いましたが
帰宅してからは がっつり食欲を示してくれています。
(ご飯!ご飯!と催促するまでになっていますhappy02

実は、出かける前に 病院からは「今がギリギリの状態かもしれないので
できれば環境を変えるようなことは・・・・。」と心配されていました。
でも、いつもここに書くように、エアコンの部屋に閉じ込めることで
治る病気ではありません。
涼しい場所でゆっくり自由にさせることは、マルクの心に良いと思いました。

無事戻ってくることが出来、今のマルクを見ていて
改めて 出かけてよかったと思っています。

|

« 納涼キャンプ① | トップページ | バデラデインディ家と遊んだよ♪ »

キャンプ」カテゴリの記事

マルクの健康」カテゴリの記事

犬2010」カテゴリの記事