すずめ

2007年9月 4日 (火)

6月の来訪者

今日はお友達をお呼びしました。
有難いことに、彼女は私のブログを読んでくださっています。
おしゃべりの話題がブログの「すずめ」の事になりました。

“あ、そういえば「すずめのぴーちく」、懐かしいなぁ~”と思い、
彼女が帰られた後、久しぶりにぴーちくの日記を読みました。

「すずめ」のカテゴリーを開くと
トップはいきなりぴーちくの巣立ち、つまり“最終話”です。

自分が書いたにもかかわらず、
読み返していると ぴーちくが御殿を去ったあたりで
「じ~ん」ときたりして、アホやがなぁ~。

で、ふと日付を見たら6月のことだったのですね。

1年前の6月にすずめのぴーちく。
Pichikutnp4_2
今年の6月に猫のロッタ。
0904btnp1
ということは、来年の6月には・・・何が来る?
0904a_10tnp
わくわくしますな~マルク!
すずめ→猫→ と徐々に大きくなってますからね
来年の6月の来訪者を楽しみに待ちましょうね。

ところで、最近のロッタですが
どうも人懐こさに磨きがかかっているような・・・。
トイレに入ったりお風呂に入ったり
庭で洗濯物を干していたりすると
各・扉の前で「ミャー!ミャー!」と大声で鳴きます。
じっとしていると膝の上に飛び乗ってきます。
時には膝の上から肩によじ登り、うなじに頭を突っ込んで
ワタクシの鳥の巣状態の髪の根元をムニュムニュ舐めます。
一日一回行わないと気が済まないようです。これはなに?

ほら、今も
0904tnp1
膝の上で眠っています。

猫ってこんなにべったりするものなのでしょうか。
意外なのですが。

| | コメント (6)

2006年7月 2日 (日)

さようなら、ぴーちくさん

今日のお昼、
ぴーちくさんは外の世界に飛んでいきました。

ここ2日間殆ど構ってやりませんでした。
放してあげようとする前に
最後のワームを食べさせました。

小屋を外に出し、扉を大きく開けました。
でもなかなか出ようとしないので
手に乗せて出そうとしましたが
手にも乗りません。
少し悲しいけど、そうでなくては困ります。

何とか捕まえて小屋の外で手を開きました。
パタパタと飛んでいきました。
あっという間に遠くの家の屋根の向こうに消えていきました。
そんなに飛べるほど成長していたんだね・・・。
うれしい反面、寂しさも・・・。

もし飢えて戻ってきた時の為に
外に、鳥小屋の扉を開いたまま置いておくことにしました。
庭にもたっぷり餌を撒きました。

外でスズメの鳴き声がすると、
空を見上げて「ぴーちく」と呼んでしまいます。
暫くはこんなことが続くんだろうなぁ ^^;)


Pichikutnp1
こんな子が・・・

Pichikutnp2
こんなになって・・・

Pichikutnp4
そしてこんなになって・・・

Pichiku060702tnp

これが飛び立つ前のぴーちくさん。
随分とスリムに、大人っぽくなったでしょう。
6月6日に我が家のお客となって27日間のお付き合い。
さて、大きなつづらと小さなつづら、いつ選ばせてくれるかな?

そうそう、マルクはからっぽになった小屋を
暫く覗き込んでおりました。
空に向かって「ぴーちく!」と呼ぶと、
一緒に空を見上げながら私の周りを忙しく歩き回り
探すような素振りを見せます。
彼も分かっているのかな・・・。
Pichikulasttnp
寂しくなったね、マルク。
いつかお散歩の途中で会えるといいね。


| | コメント (10)

2006年6月18日 (日)

好き嫌いはゆるしまへんでー

先ずは一言
頑張れ!ニッポン!!


マルクは何でも食べる良い子なのに・・・・
ぴーちくったら、
ミールワームを“ペッ”するようになってきました。
何が気に入らないんだか・・・
冷蔵庫に入れて活動を鈍らせているので
冷たいのが嫌なのでしょうか。

Pichiku618
ゴハン~ と申しております。


お箸でつまんで持っていっても、
くちばしでつついてポイするので
スリ餌を入れるスポイト状の餌やり器にワームを入れて
口の中に押し込んであげています。
でも2度ほど与えると、3度目は「いらん」って。
最近のお気に入りはスリ餌のようです。

奈良に古くからある小鳥やさんの特製スリ餌、
(残念ながら現在はドッグカフェ&ショップに変わってしまいましたが
鳥の餌だけは扱っておられます。)
それを最近買ってみたのですが、
特製だから これが美味しいのでしょうかねぇ。
Pichiku618a
可愛い顔してぜいたく言います

でもいけません!
好き嫌いは許しません。
こっちも知恵を使って(というほどのものではありませんが)
スポイト状の中にワームを入れ、
そこにスリ餌を押し込んで、混ぜて与えています。
オバちゃんはキビシイのだ!!

早く大きくなって飛び立っておくれ~。
Pichiku618b
尾羽が広がればそろそろ巣立ちでしょうかね。

| | コメント (6)

2006年6月13日 (火)

ワクチン接種&ぴーちく御殿

マルク、今日は8種ワクチン接種で獣医さんでした。
体重は200g増。34.1㎏になりました。
供血したあと、少しフードの量を増やしたので
ま、これくらいかと予想していました。

ワクチンを打ってしまったので
1週間は水遊びはお預け。
でも木曜日から雨が多くなるようなので
諦めもつくと言うものです(笑)。
Biwakomark3
またまた先日の琵琶湖写真。
次はいつ遊びにいけるかな~?

さて、獣医さんから戻ると
ぴーちくの箱からぴーちくが消えている。
呼んでみると、頭上から鳴き声が。
「2階か?」・・・・探しに行ってみる。
・・・・・いない・・・・・
また呼んでみる。
やはり頭上から鳴き声。

まさかと思って背伸びしてみると
玄関ホールの吹き抜け上部の窓枠に落ち着いちゃってます。
3メートルくらいの高さです。
椅子や踏み台では届きません。
脚立を庭から運び込み、一番てっぺんによじ登り 手を伸ばす。
つかまえましたぁ。

「こりゃあかん!」
早速実家へ鳥かごを取りに行きました。
Pichikugoten

これがぴーちく御殿です。
小さな小雀にえらい大きなお家。
でも飛ぶ練習をするには良いかもしれません。
私がかごの近くに行くと、傍に寄ってきてくれます。
チョットうれしい。

粟玉をふやかして与えてみましたが、
フンに粟玉が出てる・・・・・与えるのが早かったかな?
主にスリ餌に戻した方が良いようですね。
離乳食期?!思いもかけず いろいろ悩みます。

| | コメント (3)

2006年6月12日 (月)

今日も水遊び&ぴーちく情報

今日は日中蒸し暑くなりました。
水遊び日和でした。
本当は琵琶湖に行きたかったけど
昨日の体育大会の振り替え休日でアン・キナが在宅。
部活で出入りがあるので諦めました。

で、いつもの木津川。
今日は水が少なくて、泳ぐと言うより
水中ランニングと言う感じでした。
川底の石で足を痛めてもいけないので
そこそこのお遊びで切り上げ。

それにしても、水中遊びになるとパワー全開のマルク。
「休憩」って事を知りません。
ガンガン遊んでさっさと帰る。
効率よい運動、効率よいお遊び。
私にとっても有難い(^m^)

Biwakomark2

写真は先日の琵琶湖遊びのもの。
水も滴る良いマルク・・・・親バカな~り~

さて、今日のぴーちくさん。

Pichiku612
大変です。飛び始めました。出来損ないのゴム人形から5日目。
なのに、もう段ボール箱を脱出して1メートルほど飛ぶようになりました。
床や手をつつくような素振りを見せるようになりました。
そろそろ床に粟玉などを撒いて、ついばむ練習をさせてみようかな。
餌もスリ餌&粟玉ふやかし&ワームにしてみよう。
実家から鳥かごを借りてこないと、
段ボールではもう無理そうです。
手に乗るようになって、さらに可愛らしくなってきました。
でもあまり構わないでおこう。
別れが辛くなるからね。

| | コメント (2)

2006年6月 9日 (金)

今日のぴーちくさん

Pichiku4


ぴーちくさんが我が家のお客さんになって3日目。
やはりスズメであるようです。
日に日にいえ、時間単位で羽毛がほぐれていきます。
出来損ないのゴム人形みたいだったのが
どんどん可愛らしくなっていきます。
手に乗ってバランスがとれるようにもなりました。
イッチョマエに羽ばたくようにもなりました。

スリ餌をよく食べます。
1~2時間おきです。
ミールワームも与えてみるのですが
スリ餌のほうが好きみたいです。
スリ餌はごはん。ワームはおかずかな?


平たい箱の家も飛び出してしまうようになったので
深い段ボール箱にお引越し。
寒くないように使い捨てカイロを床暖房にしています。
人間様より良い待遇?!

Mark06092

度々のお食事タイムに、マルクちょっとやきもち?
餌をやり終えると、ズンズン私に甘えてきます。
マルク、もう少しの辛抱だよ。
あと1~2週間、良いおにいちゃんでいようね~。

| | コメント (0)

2006年6月 7日 (水)

珍客・ぴーちくさん

昨日のこと、
2階のベランダを掃除しようと出てみると
小さなヒナ鳥が落ちています。
2階の軒の僅かな隙間に鳥が巣を作っているのは
知っていたのですが、
そこから落ちたのでしょうか・・・。

先ずは巣に戻そうとしたのですが
僅かな隙間なので手が入りません。
紙の筒を作ったり、色々戻す方法を試みたのですが
出来ない・・・どうしよう・・・・

野鳥はそのままにしておくべき。
でも強い日差しの当たる南側のベランダ。
死に行くのは目に見えています。
何もせずに見送ることは、私にはどうしてもできませんでした。

落ちて随分時間が経つのか、
鳴き声もなく、左足は伸びきってしまっています。
弱った鳥は足が伸びてしまいます。
ダメかも知れないけど出来るだけ世話してみよう・・・。
さて、鳥の種類は・・・?
軒の巣にやってくるのはムクドリのようです。
ムクドリって虫食べるよね~。
念のため獣医さんに訊いてみました。
「そうです。動物性の餌ですよ。
ミールワームというのが売っていますから
それをあげると良いでしょう。」

あー、もう!生きるか死ぬかわからないヒナの為に、
どうして私は芋虫買いに走っているのだろう・・・。

車を飛ばしながら、そんな自分をバカだな~と思いました。

でも買ってきたワームを与えてみると
大きな口を開けてパクパク食べます。
「う・・・うれしい!!」

というわけで、我が家のお客さんになりました。
Pichiku1
今日のぴーちくさんです。
伸びていた足も元に戻りました!「ごはんください」と元気に鳴きます。
よく観察すると、ムクドリにしては小さいです。もしかするとスズメかな?
でもムクドリの巣の下に何故にスズメが・・・?
Pichiku2
マルク、興味津々。
一時間おきの餌やりに、
いつも傍でお付き合いしてくれます。
Marklove
「ぴーちくばかり構わないで~」と餌やりの後に擦り寄るマルク。
Pichiku3
スズメだったら・・・とスリ餌もやってみました。
ガッツキです!
早く大きくなって自然に帰っておくれ~。

| | コメント (3)